――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ストレスの原因と対策
−完璧主義からの脱皮

2012/2/1

 仕事、育児、学校、人間関係など、とにかく現代はストレスを生む原因に満ち溢れている。

 ストレスが溜まりひどい状態になると、胃腸の状態がおかしくなったり、自律神経
に支障をきたしたり、頭痛がひどくなったり、女性の場合は生理不順など、とにかく
いいことがない。

 学校でもストレス管理の方法は教えてくれないし、仕事を始めてもストレス管理の
方法を教えてくれるどころか、逆に仕事でこそストレスが膨大に溜まり始める。

 2年前ぐらいだっただろうか、ナイナイの岡村もうつなどと言われて、長期休暇を取
っていたことがあった(以前に当サイトの記事でも書いたが、個人的には自律神経失
調症だろうと推測)。

 その根本的な原因も、おそらくストレスの膨大な蓄積が原因とも思う。

 では、ストレスに対処するにはどうすればいいのか。

 それには、いくつか方法があるだろう。例えば:

・天気のいい日にのんびりと散歩をする(できれば緑溢れた場所で、20−30分ぐらいは)
・スポーツをする。
・ゲームをする。
・食べる(あまり良くない)

など。

 個人的には運動がいいと思うが、最悪、ゲームを多少やって気分転換をするだけで
も、ストレス対策にはなると思う。

 では、運動やゲームはなぜストレスを減らすのに有効な方法になるのかと言えば、
ストレス原因を一時的に忘れることができるからだ。

 つまり、ストレスが溜まる根本的な原因は、ストレス要因をずっと考え続けてしま
うことにあるのではないか。

 何か嫌なことがあると、そのことを長時間ずっと考えてしまう。たとえ、その嫌な
ことが起こったのは一瞬であっても、その対象について考え続けてしまう。

 そのように、ネガティブなことをずっと考えてしまうことで、実はたいしたことが
ない小さいことが、自分の頭の中でどんどん深刻な事実として膨らんでいってしまう。

 それこそが、ストレスの根本的な原因になるのではないだろうか。

 日本人は真面目な人が多いので、真面目な人ほどうつ病になったりしてしまう。

 うつ病になる原因も、ストレスが溜まる原因と似ていると思う。つまり、うつの根
本原因(=ストレスの根本原因)についてずっと考え続けてしまうことで、小さな嫌
な事が深刻な重大事件として自分の頭の中で拡大してゆく。

 仕事で失敗した、人間関係で失敗した、育児がうまくいかない、受験に失敗した、
詐欺にあった、会社が倒産したなどなど、ネガティブなイベントが、今の世の中では
特に起きやすい。

 しかし、冷静に考えると、起きてしまったことはしょうがないっちゃしょうがない。
というように、考えるしかないのである。

 変えられないものは変えられない。どれだけ悔いても、嘆いても、涙を流しても。

 だとすると、現状だけをまず考えて、それをどのように少しでも改善してゆくか。
それだけを考えればいい。

 また、今すぐ状況を好転させたいと思っても、時間がかかることも多い。

 自分の努力ではどうしようもない場合もある。そんな時は、ただ気楽に時を待つし
かない。

 たまに改善に役立つような本(またはウェブコンテンツ)をのんびりと読んだり、
映画を見たりしながら。

 また、運命の流れもある。

 冬を努力で夏に変えることもできない。

 自分の運命を変えたいと思って何か努力をするにしても、すぐに変えられるもので
はなかったりする。

 結局人生は長いし、60歳、70歳、80歳、90歳、または100歳と生きてゆく時代だ。

 そしてこんな時代である。

 もっと気楽に、肩の力を抜いて生きてみよう。あまり考え過ぎずに。

 そういう気持ちでいると、ストレスが勝手に減少してゆくに違いない。

 そうそう、時間をかけて蓄積されたストレスをなくすには、同じように時間がかか
ると思った方がいいだろう。

 何事も焦ってはいけない。

 焦りはストレスを生むだけだ。

 周りなんて、対して自分のことを気にしてはいない。

 だからあまり気にせずに、自分の人生をのんびりと歩めばいい。

[前のページ]                   [次のページ]

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

inserted by FC2 system