――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

THE MANZAI2011 優勝はパンクブーブー
…ナイツとパンクブーブーの差

2011/12/18

 昨日行われたTHE MANZAI2011で、M1グランプリでも優勝したパンクブー
ブーが優勝。

 HiHiも面白かったが、ナイツとパンクブーブーが抜け出ていた。千鳥に審査員か
らの票が何票かあって、hihiがゼロ票だったのは疑問。個人的に千鳥は、他の3
組には遠く及ばない内容だった。

 THE MANZAI2011の、決勝のみのネタで評価をすると、ナイツが優勝かと
も思った。

 ナイツは爆笑を生むことはあまりないが、平均的にそこそこ面白いネタを放つコン
ビだと感じていたが、今回はナイツの成長が感じられた。

 終盤の攻めが良かった。特に、ノリピー、ヘロインへの追い込み方が素晴らしい。
今までのナイツで、一番笑ったネタであったのは間違いない。

 パンクブーブーは、やはり実力がある。ネタが洗練されていて、実に面白い。ボケ
の深さも素晴らしい。芸人としての実力を感じさせるものが確かにある。M1の時から、
ネタのレベルは秀逸。

 ただし、今回の決勝だけに限ると、わずかだが、ナイツに劣っていたと感じる。

 では、なぜナイツが負けたのか(チャンピョンになれないのか)。

 吉本が、M1で優勝したのにいまいち売れなかったパンクブーブーをもう一度売り込
もうとしているのか。いろいろと大人の事情はあるのだろうが、ひとまずそのような話は
置いておく。

 では、一般的にナイツとパンクブーブーの差は何か。

 それは、オリジナリティーの差ではないか。

 ナイツのパターンは、言い間違いをベースにネタを展開してゆくもの。このパター
ンは実は、サンドウィッチマンが確立したパターンではないのか。

 いや、言い間違いを取り入れた漫才やお笑いは、ごくありふれたテクニックだ。そし
て、今までも、多数の芸人がはるか昔から使っているはず(一般人の会話でさえ、普
通に使われる)。

 しかし、言い間違いを全面に押し出し、それをベースにボケをかましてゆくという
洗練されたパターンを作ったのは、サンドウィッチマンのような気がする。

 つまり、極端に言えば、ナイツのパターンは、サンドウィッチマンのパターンを使
用したもので、オリジナリティーの点で天下を取れないのである。天下を取る者は、
いつだって独創性が高いと感じる(あらゆる分野で)。

 サンドウィッチマンがM1で優勝した後に、サンドのパターンを使い始めた芸人が増
えた気がする。

 例えば、ハイキングウォーキング。個人的には、サンドのコピー過ぎてあまり笑え
ないコンビ。

 仮にネタが良くても、パターンがオリジナルではないと、簡単に売れっ子にはなれ
ないだろう(特に今の時代)。

 ナイツは、ハイキングウォーキングほどレベルの低いコピーではない。むしろ、レ
ベルが高いサンドのコピーのような気がする。

 サンドパターンのように言い間違いを全面に押し出し、ボケを展開してゆく。ボケ
の数が多いと言われているのも、サンドと似ている(いや、似せている)。そして、ナ
イツの締めくくり方も、これまた実はサンドとパターンが似ている(ネタが違うだけ)。

 ナイツはどんどん面白くなっている。特に、土屋(だったか? ツッコミの方)の
成長が素晴らしい。

 しかし、M1でも上位に食い込みはしても、優勝はできない。今回のTHE MAN
ZAI2011も2位。

 そこには、オリジナリティー(お笑いのパターンとしての)の欠如が、大きな理由
なのかもしれない。

 この点を考えると、厳しい言い方をすると、今後も爆発的に売れるのは難しい可能
性が高い。

 オリジナリティーがないと、努力すれば85点から90点前半は取れても、120点のよう
な輝きは生まれない。

 ダウンタウンが売れ始めた時も、松ちゃんのボケ方を真似し始めた芸人や芸能人が
溢れた(大御所も含めて)。

 しかし、やはりオリジナルを超える人物は決して出てこない。オリジナルを超えら
れるわけがないのである。

 サンドウィッチマンがM1で優勝した後も、同じような現状が起きた。ダウンタウンが
売れ始めた時よりも波はずっと小さいが、それでもやはり、芸人や芸能人(大御所も
含めて)が、富澤のボケ方(言い間違いボケ)をする人がすごく増えた。

 やはり、卓越したオリジナルには力があると言わざるを得ない。

 それを見た芸人や芸能人は、オリジナルに容易に感化されてしまう。

 このように考えると、今後絶対に天下を取りたい、絶対に売れたい若手芸人は、オ
リジナルの「パターン」を作るしかないだろう。

 ネタをいくら頑張っても、全体的なフレーム(お笑いのパターン)がオリジナルに
溢れたものでないと、爆発的な笑いは生まれないのかもしれない。

[前のページ]                   [次のページ]

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

inserted by FC2 system